民商写真 玉川民主商工会 多摩川 街の夜景 ユニバーサルデザイン補助事業 町工場
  • ◆民商は、『持続化給付金』『感染拡大防止協力金』『雇用調整助成金』などの申請を援助しつつ、支援の枠を広げ「1社も廃業させない」しくみを求めています。

  • ◆新型コロナ感染症による営業被害に対し、日本政策金融公庫は据置5年・返済期間15年以内・20年以内の『緊急融資』を実施!区も無利子のあっせん融資をスタート。
     民商は、税・保険料や返済の猶予申請、口座自動引き落としからの切替えなども相談会で丁寧に紹介しています。

  • ◆2019年10月から消費税10%に。さらに政府は2023年10月から「インボイス方式」を本格実施する計画です。
     実施すると、どの業者も、取引の「消費税額」を1円残らず記載し、税務署公認の『登録番号』付きの領収書や請求書(インボイス)を発行しなければならず、そうでない取引は、消費税額を計算するとき、仕入や経費として認められません。
     インボイスを発行できない売上1千万円以下の零細業者が取引から排除=廃業に追い込まれるなど大打撃を受けます。
     ごいっしょに消費税を引き下げ、インボイスを止めましょう!

民商へ相談

LINK
Copy Right(C)2015 著作権の表示All rights reserved.